「第1回書のひろば 筆文字デザイン賞」 投票結果発表!

入賞発表は2月10日(木)の予定

 筆文字で綴るお国・地域自慢――。「書のひろば 筆文字デザイン賞」の1次審査を通過した200作品(学生の部100点、一般の部100点)への投票結果がまとまりました。
 学生の部は投票総数1405。山口県の自慢をした鈴木裕羽(うゆう)さんの「山口のふぐ ヤバグチ。」が1位に輝きました。
 一般の部は投票総数5275で、1位は愛媛県をアピールした白形重男さんの「愛媛でもノーベル賞の人4人だよ」でした。
 各部門とも上位20作品が最終審査に進み、2月10日に「書のひろば」で入賞作品(学生、一般各10作品)を発表します。
 

お礼

 
 この度は「第1回書のひろば筆文字デザイン賞」に作品をご応募いただき、また多くの皆さまにはご投票に参加していただきありがとうございました。
 私たちが知らなかった地元の魅力を発見すると共に、どれも地域を思う、力強い筆文字作品の数々を拝見いたしました。最終審査では総合的に判断して入賞者を決定いたします。

 

      一般社団法人 日本デザイン書道作家協会
      理事長 久木田ヒロノブ

主催 毎日新聞社 株式会社MANTAN 一般社団法人日本デザイン作家協会
協賛 株式会社リンクス 株式会社墨運堂
 

<学生の部>投票上位20作品

<学生の部>〜100作品一覧〜

おすすめコンテンツ

ページトップ