書のひろば

選んだ言葉は……「初心」

将棋 藤井二冠の揮毫

 2020年に将棋8大タイトルのうち、「棋聖」「王位」と2冠をともに史上最年少で制した藤井聡太二冠(18)。毎日新聞のインタビューの最後に揮毫(きごう)をお願いしたところ、自ら選んだ言葉は「初心」の二文字でした。

 書き始めると、筆運びにためらいが見受けられません。

 「……書道の先生に習っているんですか?」

 インタビュワーが思わずそう尋ねたのですが、藤井二冠から返ってきた言葉は「しっかり習わないといけないんですが、まだです」。

 最年少記録を次々と打ち立て、AI(人工知能)を超えたと言われる一手も大きな話題を集めた藤井二冠ですが、初心を忘れずにさらなる高みを目指したい、という決意が静かに伝わってくる揮毫でした。
 
揮毫の動画はこちら↓↓↓↓↓

ページトップ